フリゲ2009 あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム コメント一覧


23:58 :
  • 操作が簡単で、なおかつ制限時間が短いのでその間での連鎖稼ぎに熱くなれるパズル。
    しかも某かしわもちのようなアレな要素は皆無! 誰でも楽しめる良ゲー。

ABCD(Activetime Battle Card Duel) :
  • 楽しいです。まだCPUにも負けますが…。

Angel Wing :
  • ジョジョ的な演出が素敵な大作RPGです。

D. DoomsDay Door :
作者 おさはる 様 コメント:
投票ありがとうございました。
長い間かかってしまった作品ですが、完成させることができ、また受賞できたことを嬉しく思います。
応援してくださった方々にお礼申し上げます。
  • 魅力的なキャラとストーリーのお陰で
    何週もプレイするのが苦しくない作品でした
  • 2週目エンドが最高
  • 何週もやりました。前作も再プレイ。退廃的な雰囲気、好みっす。
  • とりあえずもう無理だと思ってたのに完成してくれたので
  • ニケは俺の嫁。

EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCE :
  • この作品に出会えてよかった
  • 09プレイ歴の中で燦然と輝いています
  • 本当に自分が好きなものを追求し続けるのは簡単なことじゃない。
    人当たりのいいだけの趣味や、大怪我しない表現。
    人は作品を通して、自分を評されることを恐れ、仮面を被る。
    だがそれも人情だと、感じるようになってきたときに本作品に出会った。
    ヒーローと言うテーマから一切逸れないストーリー展開。
    スクリーンに映し出される、意地と反骨と自己愛が具現化したような一枚絵。
    それらが運んでくる押し付けがましい正義感がなんとも痛快だった。
    これはゲーム性云々よりも、
    世のフリーゲーム製作者に放った咆哮ではないのか。
    世に溢れる創作物に向けた声明ではないのか。
    こういったメッセージ性を持たせた作品であるかはどうかは製作者に聞かないと分からないが、ともかくこいつが僕の持った好感の根幹なのだ。
    是非ここでタイトルを取って欲しいと思う。
  • 熱いシナリオとキャラクターがとにかく素晴らしい。何本ものゲームを遊んだかのような、ものすごい充実感を与えてくれました。燃えます!
  • wagma-
  • 兎にも角にもスルメなゲーム。
    制作者とユーザーとのどちらにも愛情が感じられる。…ハンドメイドって、こんなに良いものなんだなぁ、と素直に思わせてくれたフリゲです。 
  • もう作者の努力とこだわりがあますところなく発揮されています。
     個人的には萌画像ならぬ燃え画像に感動しました
  • はじめて最後まで遊ぶ気にさせてくれたSRPGです。
    シナリオの勝利!!
  • 近年のフリーゲームの中でも特に作者のキャラクターへの愛情が感じられた作品。そしてその愛情が見事に作品の面白さにつながっている。文句無しの一票でございます。
  • 熱い!
    萌えではなく燃え!

Elona :
  • これほどハマったゲームは無い!
    この中毒性
    そして夜遅くまでやらせる深み
    俺の時間を返してくれ!
    もうちょっと言えば、単位を返しておくれ。

    申し訳ないですが、2重投票が許されるならば、廃都の物語にも一票を。もちろん、無理ならば、elonaだけの一票でお願いします
  • これより楽しいRPGを自分はフリーではあまり知りません。クリアしなくてもいいストーリー、自由度が高い気がする、アップデートのたびにやりこみ要素が増える(時がよくある)、熱意ある有志たちによるWiki
    などなど。ロードモナーク系列ですが、慣れれば楽しいと思います。
  • やらされるのではなく、やってみたい事を進んでやるゲーム。ハマると時間がいくらあっても足りません。
  • ズレにズレたカオスな世界感が堪らない!ずっと遊ばせてもらってます
  • プレイ時間50時間超えてるが飽きない
  • 面白い!
  • 現行verからマップやキャラのカスタム機能を搭載
    また、無限に続く高レベルダンジョン「すくつ」を実装

    ファンタジーの世界の一住人となり
    少女育成に料理に虐殺にお使いに化物討伐にと様々なことに挑戦し
    ティリスNo.1の変態紳士…もとい冒険者を目指してください

    スピンオフ作品「ElonaShooter」もよろしく
  • フリーでこの出来は素晴らしいとしかいいようがない。
    まだまだ開発も続いているし今後のバージョンアップにも期待。
  • 廃人が生まれるのも解る
    天井知らずのやりこめ度
  • 第二部へ向けての開発(バージョンアップ)が着々と進んでいる様なので、
    今の内に出来る事をやっておこうと、Elona熱再燃中です。
  • とんでもなく自由な上に更新のたびにできる事が広がっていくから、やめられない。廃人量産型ゲーム!

Emerald Party :
  • 隠れたやりこみゲーの名作ですんえ

FREEJIA~回帰の果てに~ :
  • 不朽の名作
  • 「この世にあってはならない罪…それは俺の存在」
    FF13はフリージアをインスパイアした!
  • 超作品
  • 最高だから

Fate - 生命の螺旋 - :
  • シナリオ、設定と各種システムの関係が秀逸
    演出も非常に上手いので画面に引き込まれます
    個人的には上位ランキングの某リメイク大作よりも
    はるかにダークヒーローものの深み、が感じられました

NormalizeHumanCommunication :
  • 泣いた
  • 冷めた視点で綴られる、捻くれた展開の物語。なのに、いや、だからこそ、熱涙にむせぶ羽目に陥る。
    大好きです。
  • 2009年の最高傑作です。
    もっと多くの人に読んでもらいたい。

Over the Craft :
  • メインシナリオ進行用の特殊依頼や次に合成可能になるアイテムなどの、目標の出し方やタイミング等の巧さが魅力でした。
    プレイヤーの工夫がちゃんと結果に反映されたり、ゲーム的な一区切りが10分程度だったりでするため、「もう一区切りつくまで頑張ろう」という気持ちを煽られ、気がつけば2時間経っている。そんな、馬の鼻先にニンジン状態になれるゲームです。
    また、メインシナリオクリア後に自転車操業に陥るという、経営SLGは終盤になるほど楽になる的なセオリーを最後にひっくり返されるため、アイテムコンプまで気が抜けなかったのも楽しかったです。
  • システムが頭一つ飛びぬけて大好きなゲームでした。
    鍛冶経営作業ゲーの完成形のひとつだと思わざるを得ません。
    前作からの進化に続編を期待してしまう作品でした。

Persona The Rapture :
  • これはまじやばかった
    はっきりいって面白すぎる
    ペルソナ3、4の風味がした
    とにかくおもろかった

Pitruggle(ぴとラグル)~ボブの旅~ :
  • モンスター側にスパイして会話が出来たり、ボブのちょっとゆるい感じとか、いいなと思いました。
  • 魔法に相当する「ぴちゅん」の理論など、世界観がとてもしっかりしており、最後まで楽しくプレイできました!
    スライムが主人公というユニークさもさることながら、村人との掛け合いなどテキストセンスは間違いなく一級で、吹き出したこともしばしば。ギャグとシリアスが同居する良作でした。

Planet love story :
  • LostMariaの作者が出した新作だが
    前作のような暴力性は無くなり、愛に満ちた一作

Recall :
  • ボリュームがあって、キャラが全員立っていた。
    シリアスなストーリーなのに、ところどころキャラクター同士の掛け合いに笑い転げ、ところどころしんみりした。
    立ち絵の豊富さ、SLG部分のドット絵がかわいいのも○

Ruina 廃都の物語 :
作者 枯草章吉 様 コメント:
この度は拙作を評価して下さり、有難うございます。
長く楽しんで下さっている方もいるようで、作成時に期待した以上の反響をいただき嬉しい限り。
寒風が身に染みるこの年末ですが、たまには良い事もあるもので。本当に有難うございましたっ。
  • 今年の、というよりもここ数年でベストのRPGでした
  • フリゲらしく尖りつつ、面白くて隙のないゲームでした。
  • 「流石」の一言に尽きます
  • もう少し発表時期が早ければ、去年のフリゲ2008に投票したかった作品。
  • 今年プレイしたゲームで、市販フリー問わず最も周回数が多かったタイトルです。
    キャラクター、ストーリー、雰囲気、ネタ、そしてクリア後の満足感、どれをとっても一級品です。全てのフリーゲームユーザーにプレイしてもらいたい作品だと思います。
  • ほとんどの場合RPGは一周しかしない自分が立て続けに4周してしまいました。エンディングはすこし寂しいと思いましたが、非常に楽しませてもらいました。
  • RPGとしてしっかりとストーリーが作られており,イベントで手を抜いている感じもないのがgood
  • 私はおっちゃんなのですが、若かりし頃に
    遊んだTRPGを懐かしく思い出しながら
    遊ばせてもらいました。
    楽しかった!
  • 「Ruina」の物語及びキャラクターは大変魅力的です。飽きっぽい私でも途中で手が止まることなく、最後まで一気にプレイできました。

    また主人公の出自により専用のシナリオが用意されています。周回ごとに違うストーリーを楽しみつつ、さらに物語全体を理解することができるこのシナリオ設定は、大変秀逸だと感じます。
    引継ぎ要素もあるため、周回プレイもサクサク進められ快適でした。

    そして、なによりゲームブックのような独特のシステムが面白かったです。目的へのルートは一つでないのでいろいろなことが試せますし、SPの獲得を狙うと最良のルートを探すことになり、色々と考えさせられました。
    欲張りすぎると思わぬところで死んでしまったりと、バランスもぬるすぎずいい感じです。

    今年も色々なフリーゲームをプレイさせて頂きましたが、私は「Ruina」を2009年のベストフリーゲームに推させて頂きます。
  • 迷いましたがコレで。
    見ごたえのあるグラフィックと温いとは言えない難易度のバランスが素晴らしいですね。

    あとエンダは俺の嫁。
  • らんだむダンジョンと迷ったけどこっち
  •  結局クリアできませんでしたが……orz
     自分の思うふりげRPGに必須の要素が完備されていたので問答無用で評価せざるを得ません。
  • 雰囲気がたまらない。
  • やや難しめの絶妙な戦闘難易度。
    個性的かつ魅力的なキャラ達。
    2週目以降も楽しめるストーリー。
    実に面白いRPGでした。
  • 絶対Ruinaです!
    これほどの完成度をもったRPGはそうないっす!
  • 絵本のような独特な世界観が好きだ
  • ぶっちぎり。
    TRPGファンでもある身としては、” 十 年 に 一 本 ! ”くらいの大傑作。
    商業ソフトまで含めてもこれが今年の俺ベストです。
  • 世界を描くことがこれほど見事だったゲームはなかなか無いと思います
  • 年始からハマりました。自由度、世界観、文章で進む古典的な作風。すべて好きです。
  • Ruina最高!
  • テキストが素晴らしく良かったです。
  • 戦闘で経験値を稼ぐのではなくイベントで経験値を得るというのが新しかった。非常に良くノベルとRPGが融合していて、今までにない面白さがあるRPGだった。
  • TTEXPの存在からリスクを承知で冒険を続けようとする事でスリルが生まれ、結果的に回復手段の確保、仲間の戦力のバランスなど様々な事を考え頭を使ったプレイが楽しめた。

    周回プレイに関しても仲間の多さ、主人公スタンスが4つあるなど『前回をは違うプレイ』を楽しめるのでナカナカ飽きが来なかった。

    TTEXPを気にしなければ安全に稼ぎつつプレイも出来るので、マゾプレイを強制されている感じがしないのがまた良い。(結局は無理をしまくりましたが…)
  • ヴァンプリと迷ったけど、物語の深みとか思い入れでこっちに。

    いや、パンツの力は偉大だと思うけどね
  • このシステムは素晴らしい
  • 記憶に残る、久々にやりがいのあるRPGだった。
  • 決してセリフが多いRPGではないが、短いテキストの中にキャラクターの魅力がギュっと詰まっている。ゲームバランスも丁度良く、さっくり遊べます。
  • 名作と思う!
  • 主人公の職業によって変化するストーリーと
    一周の手ごろさもあって、繰り返し遊んでしまいます。
    やりこみ要素もあるし、なにより丁寧に作られているのが
    あちこちから感じられて好感が持てます。
  • ゲームの内容だけでなく、その内容から多大な話題性を生み出し、
    これによってコミュニティが大きく発展した、
    それもコンピュータゲームコミュニティだけではない!
    それ関連でお世話になったし私は個人的に大きく感謝しているし。
    2009年初期(どころかフリゲ08の直後)に出て、
    今だに話題が絶えないし各所で盛り上がっている。
    以上の理由から、今年のトップ賞といったら間違いなくこれしかない。
  • TRPG風な雰囲気がすごく好み、こういうゲーム待ってました
  • 久しぶりにハマって一気に最後までやりました。
    こういうゲームを求めていました。
  • 遺跡を探検する際の、一歩先がどうなっているのかわからない、いつ帰還するか、まだ行けるか、というドキドキワクワク感が体感できる独自のシステムにハマりました。プレイヤーの判断力が物をいうというシステムをツクールで表現したことが、まず評価されるべきだと思います。(ayakat)
  • シナリオ、世界観、ゲームバランス、
    どれを取ってもよく練りこまれており、最高の出来だと思います!
    魅力的なキャラクターもポイント。
  • 9周目
  • 面白かったので
  • TRPGゲーマーとしては投票せざるを得ない傑作。
  • 戦闘よりも探索に重点を置いた仕様が斬新で面白かった。
  • 作品の雰囲気が良かった
  • やっぱりこれですね。
    幼なじみとメイドの女の子が可愛いです。
  • キャラがいい!ストーリーもいい!
    戦闘はもちろんのこと、仲間たちとの会話が楽しいゲームでした。
    欲を言えば終盤戦の難易度をもう少し上げて欲しかった。
  • 最高
  • アイテム作れたり、自分の編成一つでパーティの会話が変化したり、そういうのに弱いんだ……。
    細かい所まで作りこまれた面白会話とヘビーなシナリオと宇宙大美人に乾杯。
  • 今年の一番と言うと、やはりRuinaを上げたいです。探索が大事と言うシステムもよいですが、それを盛り上げる、作者のTRPG経験に基づくものでしょうか、情景の描写がゲームを盛り上げます。そしてキレハさんは俺の嫁。
  • 面白かったゲームは数あれど一番熱中したゲームはこれだった
  • 雰囲気が大好き!
  • 大仏の仕掛けが最後までわからなかった
  • クリアするまでずっとプレイしていたいと思うほどでした
  • RTPでもおもしろいものはおもしろいと改めて思わせてくれた作品。
    ゲームブック大好きだった人間には垂涎ですね。自作を是非期待したいです。
  • もう何週したか判らない…
  • もう何度クリアしたことか…。飽きないところがいい。
  • 飽きっぽい自分が何十周もプレイできたゲームです。
    キャラの個性も立っていてとても面白いです!
  • 面白すぐる萌えすぐる。
  • RPGらしくないけど、RPGの面白さは全部詰め込んであるRPG。
    システムの根幹がこれ以上ないくらい秀逸で完成度が高く、これを取り巻き彩る物語の世界がまた素晴らしい。
    文句なしに一番面白かったフリーゲームと言えるし、今まで遊んできた全てのRPGの中でも上位クラスに入れていいレベル。
  • 完璧です!
    4周もしたゲームは始めて。
  • 世界観がよかった。
  • これしかねーよ
    どんだけ作りこまれてるんだ
  • フリーゲームで四週もしたのは本当に久しぶりでした。
    主人公の生まれによって変わるシナリオなどの大きな物から、クリアごとに読めるようになるオマケなどの、小さな物まで、繰り返し遊べるように工夫されているところに作者さまの熱意を感じました。
    経験点の集め方も今までになく、冒険している! と感じられるRPGです。
    ……プリンセスとか濃すぎると思うんだw
  • すてきでした
  • 語るまでもなく名作
  • ひさしぶりにツクールRPGの楽しさを見た。すばらしい作品です
  • 久しぶりにハマったフリゲ。
  • 夜種王最高
  • EXTRAPOWER ATTACK OF DARKFORCEはクリア出来無いのでクリア出来たこちらをポチっとな
  • 作品の雰囲気に魅せられ、独特なシステムに感嘆し、細かい作りこみにのめりこみました。全体的な質も高く、ベストの名に相応しい傑作だと思います。今作に出会えたことに感謝の気持ちを込めて一票。

Spelunky :
  • ゲームオーバーになっても、キー連打してすぐリトライしてしまう魔力。
    難易度は高いけれど刺激は鋭い、おすすめ。

Sweet*Sweet :
  • ヒットポイントが減ったときにプレイしてください。
    癒やされます。

TYPE-ORE ver.4.10 :
  • ストーリー重視のSTG、TYPE-OREシリーズの集大成、ついに完成。
    シリーズのストーリーを全て繋げて再編纂。膨大な機体数やそれらと結びつくキャラクターが、ゲーム性を両立させつつ、一つの年代記として位置づけられた。
    また、開発年数の長さから、「STG開発記」ともいえる各ステージの補足説明を閲覧可能なのも、楽しみの一つ。その労力に敬意を表したい。





The Ruins Of The Lost Kingdom Online :
  • フリーネトゲとしては作りこみが素晴らしい。課金もあるけれどフリーでも相当遊べる。

WARLOCK‐2人で始めた戦争‐ :
  • 今迄見た事無い戦闘システムが面白いRPG
    ちょっとオリジナル要素があるってレベルじゃなくて根本的に違う
    この戦闘に慣れて来て面白いなと思い始めた辺りからストーリーも重くなってきて一気に最後まで進めた

ちょわ~ディフェンス2 :
  • ランキング上位を目指してつい時間を忘れてプレイしている自分がいました。
  • あの臨場感。
    そして負けたときの絶望感(笑)
  • 「リアルタイム」という言葉に対する食わず嫌いを吹き飛ばしてくれた作品。
    マイナージャンル(in日本)物で敷居が低く熱くなれる作品はありがたい。

ぢきゅうぢそく :
  • 今年一番遊んだ気がします。ヤリコミ度が半端ないです。

なぜ二人は恋に落ち百合となったか :
  • すごく笑えます。マジで。
    ただの百合ゲーではありません。
    ホントに。

はにょう9 :
  • VIPのゲームははにょうしかやってないからよく解らんけど、それでも十分に面白かった。
  • システムやらなんやらが変態的にすごすぎる

まじかるとらんぷ ~大富豪~ :
  • <まじかるとらんぷ ~大富豪~>
    余計なイベントなどもなく、暇つぶしにはもってこい。
    ローカルルールが多彩、CPUが強い。
    良質な対CPU大富豪は、意外となかなか無い。

らんだむダンジョン :
作者 はむすた 様 コメント:
メールでお知らせを受けてびっくりしました。
キラ星の如き作品達の中から、らんだむダンジョンに一票を入れてくれた方、ありがとうございました。
とても嬉しいです。
追加の方も新しいことをしながらぼちぼちと作っておりますので、
気が向きましたら、またプレイしてやっていただけると、嬉しいです。
ではでは~!
  • ぐだぐだ言わずにやれ。異論は許さん。
  • いつまでもゾンビを砕きたい
  • 物語がよかった
  • 1作だけ選ぶといったら、これ以外ありえない。
    今年はアタリ年並に良作ゲーが量産されたが、この作品ほどプレイヤーを熱中させるものは他にないと思う。
  • ひたすら潜り続けるゲームは、合成や投資・賞金首など目標があってもふと飽きてそのままになってしまうことがあるが、このゲームは
    時折現れるミニコントやアイテムの説明が面白く、ただ事典を埋めだけで使わないアイテムも集めがいがある。
    難易度やや高めながら死亡してもノーペナで帰還、その足で向かうくじ引きや種まきのサイクルが早い。
    など、とにあえず帰還してセーブ、もう一回潜るかと短いサイクルでついつい続けてしまうライトな中毒性があって面白かった。
  • 最高です、メタ的な会話が好き
  • 目新しい部分はないが、丁寧に作りこまれた良作。
  • やりこみゲーは飽きがちな自分でも、アイテムの説明読みたさに一気にやりこんでしまった。
  • 戦闘がやや単調なことを除けばパーフェクト
    こんなにハマったフリゲは久しぶりでした
  • これでしょう。

    ボリューム、内容、ギャグ共々No.1
  • ゲーム性も、ゲームのノリもかなり面白いです。
  • アイちゃんイベントに感動した!
  • 無駄に濃くて長いアイテム説明を見られるのはらんだむダンジョンだけ!
  • 一番やった時間長いわ。
  • 500以上あるアイテム全てに詳細説明が書いてありその説明が面白しろいのでアイテムコンプ目指したくなる
    イベントも面白い
  • 絵が自作だったら危なかった
  • あにゃんた
  • ハマりすぎて睡眠時間が・・
  • フリゲでここまでハマったのはこれが初めて

アナザー世界 :
  • 個性なんばーわん

スーパータワーディフェンスウォーズ :
  • タワーデフェンス系のゲームが好きな方なら間違いなく楽しめると思います。

    我が家のパソコンはしょぼいので、ブラウザで遊ぶタワーデフェンスだと、敵・味方キャラが増えるとフリーズしてしまい、タワーデフェンスを思う存分楽しめなかったので、さくさく動く快適な動作環境も素晴らしいと思います。
  • タワーディフェンスというジャンルにおいて、単調になりがちな部分を上手く消化していると思う。
    リーダーやユニットの組み合わせによる戦略を考えるのが楽しい。
  • 手軽に、大量にさまざまなタワーディフェンスを満喫したい場合はこの作品は『もってこい』
    だから見た目・名前バイバイなのがもったいなさ過ぎる。

タオルケットをもう一度「1」 :
  • これは滅茶苦茶すごい名作ではないでしょうか。至るシーンで感情を揺さぶる物語。
  • 久々にジンと来たRPGでした
  • 壮大な時間の流れ、前作と違い非情なだけでなく泣ける展開にとても感動しました。
  • フリーゲームとは思えない出来です(ストリー的な意味で
  • 続編でてほしいんだが期待できないだろうなあ・・・
  • 世界観が好き過ぎて困る
  • 面白かった。
  • この作品はシリーズを通してプレイさせていただきました。
    各シリーズのつながりはありますが『順番どおりにプレイしないとダメ』という程、重くは無く、単品でも楽しめます。
    「1」に関しましては、鬱あり、グロあり、笑いあり、涙ありで、非常にバランスの取れた物語です。また、他のシリーズには無かった「哲学的な思想」が新しく、とても新鮮でした。
    フリーゲームだからこそ出来た物語。
    一度お試しすることをお勧めいたします。
  • これぞフリゲー
  • 世界観がシュールかつ魅力的です

テンダーランド 第1話 :
  • フリーならではの個性が濃くある作品。未知の物語に秀逸な ADV要素。まだ『1話』のみだがどうしても一票入れたかった。

ナイトメアスフィア :
  • 豊富なアクションが動かしていて楽しい。gamemaker製のため起動が遅いのが難。

ネズミマン :
  • 操作性はあの洞窟物語に勝るとも劣らない。世界観とマッチしたBGMも素敵。すばらしきロッ○マンクローン。

ハロウィンキングダム :
  • 奥が深く見た目も綺麗な丁寧に作られた作品です。

パパルパルックスvx版 :
  • まだ完成していないけどやり込み要素が面白い

フィアードライブ :
  • 素晴らしいフリーゲームがたくさんある。プロ顔負けのフリーゲームがたくさんある。
    だが「プロはやっちゃいけないことだからフリーのRPGでしか絶対にできない」ってのはフィアードライブだけ!!!!

    キャラやストーリーはシュール・カオスで脱線するのが平常運転なくせに、バトルシステムはやけにバランスがとれてて飽きがこない。ついでにカオスはカオスとして整合性がとれてるから文句のつけようがない。
    絶対に人は選ぶゲーム。そして俺は選ばれた。おめでとう俺、ありがとう俺。
  • このゲームはクリアまでやれば相当な時間になりますが
    制作に掛かった時間を思えば一瞬で通り過ぎるようなものでしょう
    しかしその膨大な時間の流れを忍ばせてあるところがこのゲームの特徴であると思います
    初期の絵は描かれた時期がまちまちで古いものも混ざっています
    それが徐々に統一されていくのとストーリーのギャグにシリアスが混じっていく流れがシンクロしていて
    長いプレイ時間とあわせて染み入るものがあります

    もう一つの特徴は先に書いた時間をかけて丁寧につくられた様々な部分です
    キャラクターと世界観が代表的ですが
    ゲーム終了後も延々と放心状態でレベル上げを続けてしまったりすることへの
    フォローとしてクリア後の要素は特に大きいと思います
    これも徐々に追加されていったもののようで
    そうした部分が積もりに積もって成り立っているのがこの大作ゲームであるのかなと
    私は思っています

プログレッサー :
  • 公開日:09/11/28のぎりぎりですが、これを推してみる。
    内容は1ヶ月で世界の崩壊を救うというもので…おや、どこかに似たようなゲームg(ry
    シルフェイドですね、はい。イベントも似てますねイロイロと。でもパクリじゃない。なんだか懐かしさを感じました。

ラスト・ブレイヴリィー -光の少女と黒い剣士- :
  • プレイを進めるごとに、熱くなれるなにかを感じました。

リバース :
  • ストレスのない戦闘で、ADVといってもいいかも。とにかく、最後までやって下さい。
  • 小粒ですがやり終えた後、心になにか残る
    そんな作品です
  • 真エンドの暖かさに感動した!

ヴァーレントゥーガ :
作者 ななあし 様 コメント:
フリゲ2009・ベストフリーゲーム賞に受賞させて頂きまして
本当にありがとうございました。
とても嬉しくて感激しております。

一般には受け入れられ難いジャンルの当ゲームでありますが、
それをあえて評価してくださったユーザーと審査員の皆々様がたに
心より感謝の意を申し上げます。
  • ゲーム本体としての面白さも俺強えーーから集団の強さまでできて当然好かったが、まめな更新と拡張性の高さにもひかれた。
  • 慣れるまで時間がかかったが、はまるとやめられなくなった
  • 「ファーレントゥーガ」の非公式スピンオフ作品

    自由度の高い戦略性と大群vs大群の爽快さがある戦術、両方味わえる作品。

    正式版はふりーむでダウンロード可
    細かい修正が入ったバージョンはファーレントゥーガのファンサイト、ドリルは男のロマンだ、のアップローダーにて公開されている。

    現在進行形で更新が頻繁に行われており、今後も期待出来る作品。
  • 作者による精力的な開発は続行中。
    ユーザー側でのオリジナルシナリオ作製の動きもあり、今後に更なる期待が持てます。

ヴァンガードプリンセス :
  • 今年のフリーゲームと言えばこれでしょう
  • るなぽーとファイナルを使ってのネット対戦
    は現状の市販製品を完全に上回っている
  • 素晴らしいフリーゲームは多くあった年だと思うが、1つだけ挙げるならこれ以外ありえないと思う。
  • Ruina、かもかて、ノクターンReも捨て難いが、色んな意味で楽しめたヴァンプリに一票。
  • フリゲのフロンティアを、また拡げた作品
  • あの作りこみはヤバイ!
  • あそこまで話題になったフリーゲームがかつてあっただろうか。
    修正を繰り返し、着々と良ゲーへの道を歩んでいるすばらしい作品。かなりバランスのいいゲームになっているので、一旦触って離れた人ももう一度確かめて欲しい。
  • フリーの格闘ゲームの中では群を抜く完成度
  • フリゲレベルの格ゲじゃないです。
    絵は少しアレですが、独特なシステムで
    対戦バランスも悪くなく面白いです
  • フリーゲームの域を超え過ぎてて困ります
  • ネット対戦ツールの影響が大きすぎますが今年1番楽しかった格闘ゲーム
    お姉ちゃんかわいい!
  • 好き好きナタリアさん!
  • 作者の執念に一票
  • とりあえずすべてに対して作り込みがすごい
    フリーゲームレベルを超えている
  • これを一人で作り上げた作者は変態と言うしかない
  • あのダメツールでこの完成度!
    執念をヒシヒシと感じる!
  • 今年のフリーゲームの中で最高の出来で感動しました!
  • 格ゲーが苦手な自分でも楽しめたから
  • これまではコンピューターをぼこぼこにしてそれで終わりだったものが
    ネット対戦(※非公式)の登場で新たな地平が開けるとは
    それもいつまでたってもボコられ続けるという
    天国のような地獄のような…

    ゲームとしてはカウンターダメージが面白い
    同じ技でも打ちどころで威力がいろいろ違う
    この辺のよくわからない部分があればあるほど厚みになって
    格闘ゲームの一番の魅力である
    画面上の一対一(このゲームは2体2か)というシンプルな状況で表現されるものが濃くなる

    非公式ツールで人のリプレイファイルを眺めるのも一興
    グラフィックがとんでもなくゴージャスなだけに
    実に贅沢な気分に浸れる

    おとぎ話の王子でも昔はとてもプレー出来なかったであろう
    素晴らしい
  • 評価されるべき作品。

愛の奇跡、そして希望の光、その先に居る確かな存在。 :
  • 自分で作ったゲームだから。
    でも面白いよ
  • 中道を心の物差しとして、善悪を判断した生活、それが人生ではないだろうか
  • キモヲタを眺めるゲーム
  • キモヲタを眺めるゲーム
  • おうよ

王女様と薔薇の騎士 :
  • さっぱりとしてきれがよく、しつこくなくて後味良好。
    こんなにすっきりしたRPGは「魔壊屋姉妹」以来かと思います

怪盗天使ツインエンジェル幻の少女 :
  • 公開期間不明、声優(田村ゆかり等)によるフルボイス

冠を持つ神の手 :
作者 小麦畑 oumi 様 コメント:
当サークルのゲームにたくさんのご投票をいただき、ありが
とうございました。
難易度の高いところのあるゲームですが、プレイごとに色んな
面を見せるこの世界を楽しんでいただければ幸いです。
  • きわめて野心的な作品。プレイアビリティには不満も残ったが、その独創性と作り込みは随一。(赤松弥太郎)
  • 様々なエンドやイベントなど、
    とても質も量も濃いフリゲでした!
  • いろんな意味でしてやられました。
  • ruinaとコレで迷いました。
    ともに、フィールドを狭く限定する代わりに、細かく細かく徹底的に世界観を掘り下げ、さらにその世界観がシステム面にまで貫徹した良作でした。
    「大作」と言って、やたら大風呂敷を広げる作品が目立つ中、こういう方向での作り込みは貴重だと思います。
    最終的には、キレハvsタナッセの可愛さ対決を制し、かもかてが優勝。かわいいよタナッセ。
  • 本当にフリー?と聞きたくなる完成度です。
    キャラクターも老若男女、濃i・・個性的な方々で、やればやるほどハマりました!
    というか、何週したかもはや数えてません(笑)

    とりあえずツンヘタレに一票w
  • 目からウロコ! コロンブスの卵! 優曇華の花! 3つ目はなんか違う気がするが気にするな! 私の今年ベストゲーはこれに決まり!
  • 深みのある登場人物達に、惚れ込みました。
  • 多くの分岐、魅力溢れるキャラクター達などフリーにしては信じられないほど作りこまれていて素晴らしい作品だと思います><
  • 今年のフリーゲームといえばかもかてです!
  • フリゲでこれほどの育成アドベンチャーが遊べるとは。
    攻略対象キャラ=殺害対象キャラなのもステキ
  • 一周が短い分、何度もプレイしてしまう。
    萌えだけじゃない魅力のあるキャラがいい。
  • 世界観と登場人物に関しては今年一番入魂してると思う
  • 鬼のような分岐、執念を感じる練込み。
    魅力的すぎるキャラクター。
    クリアした後も各キャラのその後、今までの生き方、考え方などに思いをはせてしまいます。
    ここまで練られた世界観は商業ゲームでも珍しいと思います。
    このゲームに出会えてよかった、本当にそう思えます。
  • 憎悪END・殺害ENDがあるのがもう…!
    ―って、怖くてそちらは未だできませんがorz
  • これしかない。

    愛情・友情はもちろん憎悪・裏切り・殺害までEDは盛りだくさん。

    プレイヤーの自由度の高さと、それによるやりこみ要素がハンパない。

  • すごくハマりました!!!
  • 2009年後半はもうずっとかもかて一色でした…
  • 今年ダントツの時間泥棒です。
    公式サイトではキャラやエンディングの人気投票が行われたり、日記において製作者自らがキャラの性別反転で遊んだり…
    ファンとの距離の近さと、このお祭り感覚はフリゲならでは。ゲーム本編の素晴らしさはもちろんのこと、その他の要素においても今年のベストです。楽しませてもらいました。
  • こんなにハマったゲームは生まれて初めてです。
    フリーだなんて信じられないクオリティ。
    毎日悶えながらプレイしてます。
  • 一人一人がしっかり生きていて、主人公の選択によって様々な顔を見せてくれます。その細やかな分岐が本当にすごい!
    愛情エンドだけではなく、内心憎しみつつ甘い言葉で騙して最後に殺害といったひどいルートも自分次第で選択可能。8月から始めましたが、まだまだ飽きません。
  • 超細かい鬼分岐。
    支援版を購入しなければ一生かかってもテキスト全てを見ることはできなさそう。

    自分から相手への好感ゲージが斬新でもう他の恋愛ゲーが物足りなくて出来なくなってしまった。
  • キャラ一人ひとりが自分というものをしっかり持っていた。細かな分岐があり全く違和感を感じずに楽しめた。
  • フリーゲームが、こんなに面白いとはと、思わせてくれた一品。
    好きすぎます。レビューしてくれてありがとうございます!
  • 絶妙なバランスで細部まで丁寧に作りこまれている作品。
    周回が苦にならない、どころかプレイする度に新たな発見があって驚かされる。
    かもかては最高の時間泥棒!(褒め言葉)
  • イベント・ED数が多く分岐も細かいので何回でも遊べますし、攻略キャラもみんな魅力的!すばらしいです
  • なんという時間泥棒。とことんまでやりこみ派としては、イベントコンプがこれほど難しいゲームも久しぶりでした。出会えてよかったです。
  • 2009年、最も睡眠時間を奪われたゲームです!凄すぎ。
  • 時間を忘れてハマりました。
  • 独特の世界観と、とにかく細かい部分の作り込みがすごい。
    つい攻略支援版まで買ってしまいました。
  • 時間泥棒である

  • 立ち絵がぱっと見派手でないこと、やや女性向けと思われて敬遠されて損をしているのならもったいないと思い、熱い一票を投じます。このゲームの登場キャラのエンディングをひととおり見ならば方はとっくに承知されていると思いますが、彼等は皆リアル人間そのものです。印象度入力により選択肢が変化していくシステムもとても楽しいですし、ファンタジーならではの設定や世界観から、歴史の流れも楽しめる懐の深いゲームだと思う。フリー版で相手の読めない気持ちを推し量りながら関係を築いていく過程などは、リアルでの人間関係構築シミュレーションとしても役に立つのではwとさえ思う私は、総クリア回数400回を超えてしまいました。冠を持つ神の手、大好きなゲームです。
  • フリーゲームでこんなにハマッた作品は初めてでした。
    短時間で何度も楽しめる、するめ的なおもしろさが魅力。
  • 大変な時間泥棒でした。
    EDが多くて攻略が大変。でも楽しい。やめられない。
    登場キャラ全員が大好きです。
  • こんなに作り込んであるフリゲは初めてでした。
    難易度は厳しいけど、キャラ、ストーリー、世界観に惹かれやり込みました!
  • 始めた当初は、王様にもなれないしキャラEDも全然見られず、なんなんだこのゲームはと思っていたのですが、気が付いたらどっぷりとこの王城生活にハマっておりました。早く全員のイベントリストを100%にしたいです。
  • どの相手も一筋縄では落とせないところが面白い。分岐も半端ない量だし、心象反転システムも楽しい。
  • 久しぶりに数十時間つぎ込んだフリーゲームなので。
  • 今までプレイした中で、一番時間泥棒なゲーム。分岐量に圧倒された。ルートによって登場キャラクターが見せる側面が様々に異なる(しかもそれらがどれも一癖あって考えさせられる)ので、彼らのことをもっと知りたい!とコンプを目指してしまうのが恐ろしいところ。

血の鎮魂歌 青の勇者+ :
  • ポップでもなく、変にコア向けでもない、絶妙なバランスの2Dアクションの傑作。
  • 今年遊んだアクションゲームで一番面白かった

月夜に響くノクターン Rebirth :
  • これを外すわけにはいかない、現フリー界最高水準の作品。完成度でいえば今年発ものとしては圧倒的。
  • 演出・システム・グラフィックどれも秀逸。考えに考えて作られてる感がそこかしこに滲み出ており大変楽しめる作品だった。
  • 個人的にこれを推したい。
    他のRPGと比べて、頭一つ抜き出ていたと思う。
  • 面白いのはもちろんだけど、面白いよりも先に凄いと感じる作品。
    他のゲームではこの素材見たことあるなと思うものがよくあるけれど、このゲームはほとんどが自作素材だったり初めて見た、聞いたものが多い。しかもそれらのクオリティも高くてフリゲに食傷気味だった自分にも新鮮さが感じられたのが良かった。
    プレイ中の充実感やクリア後の満足感が今年一番
  • もはやツクール製とは思えない完成度。はまりました・・・
  • 綺麗なグラフィックに多彩なエフェクトや戦闘システム、そして人を引き付けるストーリーに魅せられる
  •  赤松さんのレビュー、大好きです。なので投票に来ました。がんばってください。
  • 動きまくるドット絵が楽しい。
  • 細かいとこまで手が込んでました。
  • リメイク前と比べて、グラフィックやシステムが大きく変わり、とても面白かったです。
  • ブレイブクリアを目指しての傾向と対策が楽しい名作。そのための低レベルクリアに特化したレベルアップシステムも◎。逆に言えばそれの面倒、圧倒的なパワーで蹂躙したいという人には向かないかも...
  • 文句なしの名作でしょう
  • ストーリー、グラフィックともに市販レベル。音楽の選定もうまく心に残る。多くの人の力を結集した作者の力も見事であり、総合的に第1位の力をもつ作品である。
  • キャラグラやエフェクトが高品質。レベル制限のおかげでゲームバランスも良く感じた。
  • 内容、音楽、操作、マニアック要素、などなど
    総合バランスがとても良かった。
    今年はこれに勝てるゲームないでしょ。
  • キワモノばっかりやってた自分が、ついに「フリーゲームを知らない人に薦められる作品」と出会いました。これは良い作品。
  • Ruinaとどっちにするか迷った…
  • リメークと言うことだけど 文句なしの別の作品になっている。
    グラフィック・戦闘・ボス戦の戦略 アイテム蒐集など 周回プレイも楽しい。
    廃都も面白いが いろいろな面でこちらに一票
  • ストレスを感じさせない操作と軽やかに動くキャラクター。まさに、驚愕の力作!とにかく、とにかく戦闘が面白い!
  • 戦闘システム、グラフィック、音楽がトップクラス!!
    ゲームを投げ出したい気持ちに一度もならなかった

再魂 Spirits :
  • はまる人ははまる。はまらない人ははまらない。しかしはまらないかどうかはやってみないとわからない。つまりやれってこった。ははは、はがいっぱい。

桜花戦記 :
  • 簡単操作で奥深い駆け引きが楽しくキャラも立ってる。パターン化で作業ゲー化が若干残念ですが

探し屋トーコ :
  • 現実的な探偵ものノベルゲーム
    一度やってみてください。

洞窟物語 :
  • ストーリー完成度がいい
    お金取れるレベルだと思う

冒険者達の晩餐 :
  • 探索中に発生する突発イベントが面白く、戦闘バランスが神懸かり的に良い。

魔王でGo! :
  • 魔王とモンスター達のゆるい会話が好きです。

魔王物語物語 :
  • 最高峰のRPGだと思います。

龍遊戯伝 :
  • シナリオの丁寧さ、演出の緻密さが素晴らしく、面白くて8時間くらいぶっ通しでプレイしてしまいました。